2015年04月23日

三日間の病院内撮影 終了

写真.JPG
posted by noda-akihiro at 21:56| 練習

2015年04月20日

昨日 夜勤出陣前

th_IMG_0647.jpg

5分ほど 語り合っておりました
posted by noda-akihiro at 19:41| 練習

2015年04月18日

介護リフトのある暮らし

以下 私の兄弟分夫妻の映像 ユーチューブ

https://www.youtube.com/watch?v=C6s1JWuoaxA
posted by noda-akihiro at 21:47| 練習

感激 涙 なみだ

th_DSC_0002.jpg
th_DSC_0003.jpg
th_DSC_0004.jpg
th_DSC_0005.jpg

武ちゃん リーちゃん
本当に ありがとう!
posted by noda-akihiro at 20:32| 練習

2015年04月15日

岡山市内アチコチに

th_IMG_0633.jpg
th_IMG_0631.jpg
th_IMG_0630.jpg
posted by noda-akihiro at 19:20| 練習

2015年04月14日

imo

th_IMG_0627.jpg

茹でて 胡椒をまぶして食べました\(^O^)/
posted by noda-akihiro at 17:45| 練習

2015年04月09日

さくら

th_IMG_0614.jpg

出勤途中
和ちゃんにサクラを見せてやろうと思いパチリ。
iPhone6 での写真の撮り方 全然アウト
posted by noda-akihiro at 19:55| 練習

2015年04月08日

道端から

th_IMG_0613.jpg
posted by noda-akihiro at 14:48| 練習

2015年04月01日

和ちゃんとオレ 5月13日

th_Tsudoi_Poster_forWEB.jpg

後方解禁となりました。
posted by noda-akihiro at 06:30| 練習

2015年03月28日

ときは来た

th_IMG_0573.jpg
th_IMG_0569.jpg

カレーの材料を仕入れてきた。
明日はカレーだ。
誰でも簡単にできるのだろけど、
オレにはチャレンジなのであります。
posted by noda-akihiro at 17:07| 練習

2015年03月27日

夜勤明け

th_DSC_0005.jpg

シビレルほど疲れた
日向ぼっこ
posted by noda-akihiro at 11:56| 練習

2015年03月21日

お隣

th_DSC_0001.jpg

昨日 お隣に回覧板を廻す。
お隣 歩いて4分。
遠い!
posted by noda-akihiro at 16:38| 練習

2015年03月18日

一昨日に取材で

th_DSC_3880.jpg
th_IMG_0556.jpg
posted by noda-akihiro at 10:31| 練習

2015年03月16日

th_IMG_0553.jpg

髪の毛 カット!
posted by noda-akihiro at 16:14| 練習

2015年03月14日

西岡真太郎先生 個展 最終日

th_IMG_0541.jpg
th_IMG_0542.jpg
th_IMG_0546.jpg
th_IMG_0547.jpg

今日は お休みです。
岡山市北区の カフェ グロス
で 西岡慎太郎先生の
銅版画を観賞しております。先生は不在でありましたが、
一枚キスマーク 入っております(O_o)
コーシー ご馳走さまでした。
posted by noda-akihiro at 16:00| 練習

2015年03月04日

10995673_640316439431410_8792622289491058617_n.jpg

今朝 8時前後 出勤途中
posted by noda-akihiro at 16:39| 練習

雛祭り

th_DSC_3463.jpg
th_DSC_3636.jpg
th_DSC_3531.jpg

昨日は雛祭りでありました。
イベントは キツイ!
posted by noda-akihiro at 06:41| 練習

2015年03月02日

3月1日 因島

th_IMG_0504.jpg

和ちゃんとオレ
上映 挨拶 終了後
シーポートの皆さんと
親睦会で
posted by noda-akihiro at 16:38| 練習

2015年02月25日

昨日 山陽新聞夕刊

th_IMG_0472.jpg
th_FullSizeRender.jpg

◎2月24日付夕刊8面/読書三昧
「孤独死のリアル」結城康博著(講談社現代新書)
「始末まで責任」指摘に衝撃

 家で介護した母を見送り、一人暮らしに戻りました。独身ですし、父は既に亡く、きょうだいもいません。最近よく耳にする「孤独死」は僕にとって人ごとではない、まさにリアルな問題です。
 本書は、自治体で高齢者福祉を担当した後で研究者に転じた著者が、遺体発見の現場やその後の葬儀、部屋の後始末、遺品整理などについて自らの経験と現場の声を紹介し、背景を探っています。さらに、<この先、たとえ多くの人が「孤独死」で亡くなることは防げないとしても、その遺体が遅くとも2〜3日以内で発見されるような社会にしていくこと>を目指して対策を考えています。
 孤独死について、統一した定義はまだないそうですが、<自宅で誰にも看取られずに亡くなり、その死が数日後に発見され、自殺や犯罪性を除く遺体>がおおよその共通認識のようです。やはり高齢者が多く、超高齢化で独り暮らしのお年寄りが増える中、年間約3万人に上ると推計されています。
 寂しい、かわいそうだと思います。でも、孤独死が社会問題となっているのは、そうした心情だけが理由ではありません。<「人は自分が亡くなった後の、遺体処理や後始末にまで責任を負うべきだ」という考え方が根強いからではないか>。著者の指摘には強いインパクトを受けました。しかし、その意味はよく分かりました。
 特に死後2週間以上たってしまうと、遺体の損傷は激しくなります。例えば、部屋の片付けで最も問題なのは異臭だそうです。<再び使えるようにするには、キッチン器具、壁、床、畳などすべてを取り替える必要がある>。賃貸住宅だと大家さんは大変だし、物件の価値も下がり、その後の収入に影響するという現実的な問題があります。
 その対策について、著者は@孤独死を未然に防ぐ予防的視点A孤独死しても早期に発見する事後的視点--の二つに分類できるとして、千葉県の団地の自治会をはじめ全国のNPO、新聞販売店、診療所などの見守り活動を紹介しています。
 孤独死が必ずしも悪いわけではありませんが、後始末で迷惑を掛けたくないとは思います。何日も顔を見せなかったら、訪ねてくれるような人間関係をつくることが、やはりセーフティーネットになるようです。本人の心掛けだけではなく、社会の側からのアプローチも必要でしょう。
 僕自身は昨年11月から介護施設で働き始め、フリーライターだけだったころはなかった、組織に属する安心感を感じています。また、こうした高齢者施設のデイサービスやホームヘルプには本人、家族をケアするとともに見守りの意味もありそうです。
 しかし、施設などの社会資源は乏しい。これからは「国民皆見守り」のような意識、活動が求められるのではないでしょうか。

 のだ・あきひろ 岡山市出身。国士舘大卒業後、父の介護を機に帰郷し、介護を中心に取材。認知症の母を2012年に亡くなるまで10年近く介護。05〜10年、本紙朝刊くらし面に「アルツハイマーの母を支えて 中年息子の介護記」を連載した。現在は執筆や講演の一方、赤磐市の介護施設に非常勤で勤務。近著に「ありがとう和ちゃん」。同市在住。
posted by noda-akihiro at 16:27| 練習

2015年02月21日

サワラを煮ました

th_IMG_0469.jpg
th_IMG_0470.jpg

\(^O^)/

ちょっと薄味になり、形も崩れましたが
美味かったー
posted by noda-akihiro at 16:06| 練習